世界フィギュアスケート選手権

ISU World Figure Skating Championships

世界選手権とは?

世界フィギュアスケート選手権、通称「世界選手権」とは、ISU(国際スケート連盟)が主催するフィギュアスケートの世界大会であり、同組織による国際大会としては最大規模を誇る。

歴史も古く、1896年にはロシアで男子競技が初めて開催され、1906年からは女子競技が、1908年にはペア競技が開催された。

1924年からはすべての競技が「世界選手権」として位置づけられ、1930年から開催地も一か所で全種目が行われるようになった。

終戦後は1947年から再開され、1952年からは新たにアイスダンスが種目に加わり、現在とほぼ同じ大会形式が確立した。ちなみにアジアでの初開催は1977年の東京大会で、男子シングルにおいて、現在テレビ番組のフィギュアスケート解説者としても活躍している佐野 稔(さの みのる)氏が3位に入賞した(日本人初のメダル)。

関連ページ